薄毛

薄毛

髪の毛の薄さに悩んでいる人に朗報です。頭髪は復活できることが、あるんだそうです。

薄毛 > 薄毛

薄毛 男性

全国の男性の中で、もしかしたら自分は、薄毛かもって、感じている人は、約1,260万人もいるんだそうです
ということは、男性が4人いれば、1人は、薄毛を気にしているという計算になるっていうことになるんですね
なんか、リアルに多い感じがしますね

でも、ちょっと待ってください
この統計は、赤ちゃんとかも男性としてカウントしてるはず・・・っていうことは
イメージ的には、3人に1人とか、もしかしたら、もっと割合的には、多いのかもしれないという・・・怖いですね
だから、テレビのCMとかで、薄毛とかAGAとかってさかんに宣伝をしているんですね

統計では、男性のうちの薄毛かなと思っている人の約9割が、AGAの症状だといわれています
AGA=男性型脱毛症という意味なんだそうです
脱毛症なんですね・・っていうことは、れっきとした病気っていうことになりそうですね

薄毛になってしまうメカニズムとは
男性ホルモンは、ひげとか胸毛とかの体毛を濃くする働きがある一方、もう一つの別の作用が、悪さをしてしまうんだそうです

男性ホルモンの中のテストステロンっていうホルモンが、問題を引き起こす元凶らしいということなんだそうです
このテストステロンが、特殊な酵素の作用を受けてしまうと、脱毛する方向に作用してしまうんだそうです
このような脱毛する方向に作用してしまうというホルモンが増えると、髪が充分に成長する前に抜け落ちてしまうということになる事態が引き起こされることになってしまうんだそうです
そして、このホルモンは、特に男性の頭頂部や前髪で、多く作り出される傾向があるんだそうですね
それで、つむじの付近とか、おでこの付近とかが、薄くなってしまうっていうことなんですね

薄毛 対策

でも、たとえ、頭髪全体が薄くなってしまったとしても、希望は、あるんだそうです
たとえ薄くなってしまっていたとしても、毛包の中の組織が生き残ってさえいれば、薬とか育毛剤とかで、薄毛から、復活させることは、できるんだそうです
これは、うれしいことですね

でも、どうせ、始めるなら、薄毛が進行してしまっている人よりも、薄毛がそんなに進行していないうちのほうが、いいっていうことも事実なんだそうです
できることなら、薄毛が悩みになる前に、対処したいものです
とはいっても、自分が、薄くなる方向に進行しているのかどうかって、わかりづらいものです

そこで、自分でチェックする方法があるんだそうです
そのポイントとしては
・10代のころに比べて髪が薄くなってきた
・産毛のような細い髪の毛が多くなった(頭頂部や生え際がそうなってきたら、要注意なんだすです)
・親戚に薄毛の人が多いような気がする

これらに該当したら、要経過観察(というか早めの処置を、すべきなんだそうです)

こちら⇒毛髪のプロ×医学のプロ!ヘアケアシリーズは【プロピア】

薄毛 トップへ戻る